投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

確定申告

イメージ
こんにちは。
sadakです。

久々のブログです。
何を隠そう、確定申告にいってきました。
いままでの認識を覆す発見がありましたので
備忘録としてアプリの広告収入(雑所得)に関する確定申告方法を書きます。

1. 準備
過去2回の確定申告から、以下のみを準備していきました。

・税務署からの書類一覧
 ⇒利用者識別番号(16桁の番号)が記載された用紙
 ⇒納付書
・マイナンバーカード の控え(携帯カメラで撮影した画像)
・身分証明書(免許証)
・2020年1月~12月までの雑所得の合計金額(Excelデータのみ)
  ⇒ウェブの明細書を印刷しても結局自己申告で使わないためExcelデータだけ
 ・会社からもらった源泉徴収票

2. 税務署へ
8時30分からあいているので、30分ジャストについたら長蛇の列。
結局、9時までは係員がこないので結構待つことに。
10時30分くらいに申告が終わって振り返ったら
人が全然いなかったので、朝イチで来なくてもよかったかも。

やりたいことを係員に説明

・会社の給与は既に年末調整済み
・副収入となるアプリ広告収入について所得税(国への税)+住民税(市への税)を支払いたい
・住民税は普通徴収(自分で納付)にしたい。
 ⇒放置しておくと特別徴収(会社へ通知)となり、会社給与と混ざってしまう

e-taxへ入力し、プリントアウトして提出へ……

「税金が0円になってますけど……」
「えっ?」

原因は入力ミス。
雑所得の入力、普通徴収のチェックだけつけてプリントアウトしたが
会社でもらった給与+源泉徴収+保険関連についても記載が必要だった。

それよりも、衝撃の指摘が……

「所得税、払う必要ありませんよ?」
「えっ?」

説明によると
給与(所得税支払い済み)の場合、20万円以下の雑所得は所得税支払いの義務はないとのこと。

「ああ、それは知ってます。でも2年前、住民税だけ普通徴収にしてもらいに
市役所へ行って、同じことを説明したところ
 『給与所得+雑所得』の合計が20万円を超えていると確定申告しないとダメ』
 いわれたんで、こっちにきてやっているんですよ」
 ⇒2年前の確定申告時のブログ記事

「……たぶん、その職員勘違いしてますねえ」
「えっ?」
「給与分は既に所得税支払い済みですし。
 たとえば今の会社の給与(=給与1)以外に
 別の給与2などがあったとし…