【インプット】スモークと迷路館の殺人

こんにちは。
sadakです。

今回は、【インプット】と題して
見た映画や読んだ小説についてのたまおうと。

そもそも、ブログといった媒体は
なんらかのインプットをアウトプットする場である、という側面があります。

でも、アウトプットばかりしていると
ネタが枯渇して何にもかけなくなりますよね。

僕はブロガーじゃないので
気の向くままに書いていれば良いから
その点においてはラクチンです。

ただ、良質だな、と思うインプットを
ブログに披露するのは、個人的には好きなことで
昔々に自主映画を撮っていたときにも
ブログをやっていたんですが
その時も、良質!と思える映画なんかを
ブログに披露していたものです。
(かれこれ二年前になります)

もすこし、話すと
最近、次回作を何にしようかなー、と
悩んでいるのです。
一度スタートしたら数ヶ月はかかりっきりになるので
安易な思いではアプリ作りを開始できなくなってしまいました。

そこで、枯れ気味のインプットを増やそうと
最近では、意識的に映画を見たり、本を読んだり、をしているというわけです。

この週末にみたのは
スモークという映画です。

リビルディング・サガでも取り入れた群像劇!
ザ・スタンダードな群像劇で、大きなドラマはないですが、大事件に興味のない方なら、ウイスキー片手にのんびりみれる映画かと思います。

小説は、綾辻行人の『迷路館の殺人』
既に館シリーズは全巻読破しているのですが
次回作に、かまいたちの夜のような
サウンドノベルアプリもいいなあ、と思い
読み返してみた次第です。

やっぱ、面白いですね。
僕は文字だけで、人も楽しませる能力がないため
映画だったり、アプリだったりと
文字以外の手段(絵や音楽など)を借りる必要がありますけど
文字だけで読ませる小説ってのは
つくづくすごいもんだなあ、と思いました。

今週も仕事の通勤途中で
推理小説なんかをつまみ食いしながら
頑張ろうと思います。

このブログの人気の投稿

【EvaliceSaga】ちょっとプレイしてみた①

【RebuildingSaga】攻略wikiを作ってみました。

【Android開発】Admobでインタースティシャル広告を実装するときに気を付けること。