投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

【Android開発】ローグ開発2

イメージ
こんばんわ。
sadakです。

パッ!とダンジョンを開けるようになりました。

主人公のx,y座標から右に探索して壁に当たったら
そこのX座標を「表示する部屋の終点X座標」にします。

■■■■■■■■■■■■■ 
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□@→→→→→■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■■■■■■■■■■■■■

お次は下に探索していって…

■■■■■■■■■■■■■ 
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□@→→→→→■
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■■■■■■■■■■■■■

ぶつかったところの
Y座標を「表示する部屋の終点Y座標」にします。

今度は左に探索していって…

■■■■■■■■■■■■■ 
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□□□□□□□■
■□□□□□@→→→→→■
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■□□□□□□□□□□□↓
■←←←←←←←←←←←■

ここのX座標を「表示する部屋の始点X座標」にします。

最後にのぼっていって…

■■■■■■■■■■■■■ 
↑□□□□□□□□□□□■
↑□□□□□□□□□□□■
↑□□□□□□□□□□□■
↑□□□□□□□□□□□■
↑□□□□□@→→→→→■
↑□□□□□□□□□□□↓
↑□□□□□□□□□□□↓
↑□□□□□□□□□□□↓
↑□□□□□□□□□□□↓
↑□□□□□□□□□□□↓
■←←←←←←←←←←←■

はい!
このX座標を「表示する部屋の始点Y座標」とします。

として、「画面に表示する位置のマップ」を0から1に更新。

で、表示する場合に 「画面に表示する位置のマップ」が1の
座標のみを描画すれば完成でした。

おー。
なんだか、ゲームを作っている人の

【Android開発】ローグ開発1

イメージ
こんにちは。
sadakです。

いまローグライクをつくっています。

ローグライクゲームって
ダンジョンの通路から部屋にはいると
部屋全体が『パッ!』と
表示されるじゃないですか。

あれ、どーやってるんだろうと
ぼんやりかんがえています。

壁を1、床を2、扉を3、通路を4とすると

1111111111
1222222221
1222222221
1222222221
1222222221
1111131111
0000040000
0000040000

こんなかんじでマップデータを
作っているんですけれど
プレイヤーが通路にいるときには
部屋はまだ画面に描画されておらず
プレイヤーの座標が3の扉に到達した時点で
ぱっ!と部屋全体を描画したいんです。

扉を起点に、壁をx軸、y軸方向に
探索しつづける、など
たぶん、いろいろやり方があるんでしょうが
ちょっと、良いやり方が思いつきません。




『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】次回作をできればinstantAppsで

イメージ
AndroidOがアナウンスされましたね。

なんでも、instantAppsというものが
デフォルトで使えるようになるとか。

Android7系でも実はオプションをONにすれば
使えるみたいです。
僕はまだ試していないんですけど。

ウェブのアイコンを押せば
すぐにアプリが立ち上がるそうです。

インストールの手間が省けるよ!ってのが
ウリらしいです。

デベロッパーサイト(英語……)を見てみましたが
apkサイズが10MB以下じゃなきゃいけない、とか
制約は色々と多そうですが
インストール不要なので
さくっとプレイできるミニゲームなんか
いいかもしれませんね。

新しいことを早めにやれば
それだけでなんか『チャンス!』ってかんじなので
次回作はapkサイズを押さえてアプリ開発をしてみようと思いました。

あと、JavaでAndroidアプリを作ってますが
コトリンっていう、言語が正式なAndroid開発言語になりました。

ラムダ式とか遅延評価とか
Java8の新しい記述方法とか
あまり好きじゃないです。
(その実、勉強不足なのでわからないだけ)

でもそろそろコトリンを使って
開発しなきゃなあと思ってます。
AndroidStudioの更新から始めたいと思います。




『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】RebuildingSagaをクリアしました!

イメージ
こんばんわ。
sadakです。

RebuildingSagaをクリアしました!

『おめーが作ったゲームじゃねーか!』

と思われる方もいるかと思いますが
リリース後にバグ修正や中国語版対応に追われ
全然プレイする時間がなかったのです。。










パーフェクトエンド!
ま、そりゃそうです。
エンディング条件は知ってますからね。。

ただ、広告をみないでクリアする予定だったのですが
この間、広告のバグを対応した際に
このセーブデータを使ってしまったため
広告回数がいくらかありますね。

ユーザ様から広告をみた後に
広告屋がなにもくれないんだけど!?
っていう指摘があったのですが
広告を配信している会社によって
勝手にGoogleplayに飛んでしまうために
挙動がおかしくなっていました。

いまは、挙動がおかしくなる
広告は配信しないようにしています。

で、リリース後に追加した

隠しボスである広告屋ですが
ぜんっぜん勝てません。










何人かのユーザ様からは
『勝ちました!』っていう
報告が来ているんですが
どうやって勝ったのか
開発者の自分としてもよくわかりません。。

ただ、会社の先輩のデータを
この前見せてもらったんですが

戦闘回数は1000を余裕で越えており
力は200オーバー
素養は500オーバーと

『やり過ぎじゃね!?』っていうくらい
鍛えている方もいますので
自分もレベル上げをしてみようと思います。

とりあえず、全員90パーセント即死攻撃の
『瞬殺の剣 』を何とかしたいと思います。

ちょっと、クリア後のステータスを
張っておきます。














よし。
打倒、広告屋だ!!






『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】RebuildingSagaが1000ダウンロードを達成しました。

イメージ
こんにちは。
sadakです。

タイトルの通りなんですが
RebuildingSagaが1000ダウンロードを達成しました。









この数字は
『一年後くらいには、達成してるだろう』と
ぼんやり予想していた数字なので
リリース後1ヶ月で達成できるとは
思いませんでした。

分析してみると
やっぱりレビューサイトに取り上げてもらったことが
大きいかと思います。

少し前に動画をYouTubeにアップしてて
そこでも再生回数が1000回を
越えたことがあったのですが
やはりアプリのインストール数のほうが
嬉しく感じますね。

非常にわずかですが
広告収入も入ってきているので
月に煙草代数箱は浮きそうです。


さて、そんなこんなで
次回作の開発をしています。

ちょっと、やっぱりRPGだと
自分はあまり楽しめないんです。

なので、不思議のダンジョンの祖である
rougeをつくります。

あまりリッチにしても
すでに存在するローグライクゲームには
負けてしまうので
シンプルに初代ローグをリスペクトした物を作りたいです。

・ランキング
・アプリ内課金
・英語圏などへのローカライズ

も視野に入れてやってみようと思います。

年内にリリースできればいいなあ。。








『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。



【Android開発】RebuildingSaga中国語版

イメージ
こんばんは。
sadakです。 RebuildingSagaですが
中国語版をリリースします。






中国の某企業さまから 翻訳のお誘いを受けました。
中国では、GooglePlayはアクセスできないので 翻訳させていただく代わりに 中国のAndroidストアで公開させて欲しいとのことでした。
こちらとしては ぜんぜんおーけー!ということで このたびの運びになりました。
リリースはまだまだ先になりますが 僕としてもどうなることやら。。 楽しみです!!




『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】自分のつくったアプリをガチで攻略する~その6~

イメージ
こんばんわ。
sadakです。

色々と修正をしまくっている
RebuildingSagaですが

そろそろちゃんと、クリアーしたい!
通勤時間で攻略してます。

修正の折りにトランザクションデータを消してしまって
また最初からやり直すことなりましたが
ようやく最終章にたどり着きました!

ここまで撮ったスクショを張りたいと思います。










ナスターシア編です。














口の悪いセレク。










今のデータはこれ。
ジョバンニで攻めてます。

後半に追加した白光の冒険刀が
なかなか重宝してます。
個人的には自動HP回復は
最大HPがあがりにくくなるので
好きじゃないんですが
これがあると、死亡確率はぐっと減りますね。


おまけ。









ろくにイベントをクリアせずに
全クリすると
テリブルエンドを見ることが出来ます。

逆にレアかも!?
これを見るためには
最短でクリアしないといけません。

イナシー連邦が聖ニムロ帝国に
宣戦布告してしまうという
ひどいエンディングになってます。

さて。
いくつか報告して頂いている
バグですが、
やはり再現しません。

実機買うしかないのかなあ。
エミュレータの限界かも。。






『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】想定外は普通に起こり得る。

イメージ
こんにちは。
sadakです。

アプリリリースと同時期に始めたInstagramで
RebuildingSagaをプレイしてくださっている方が
いるんですが

『キャラクターが増えました!』という
不具合報告を受けました。

いや、本当にバグ報告に感謝です!!!



















こんな感じです。
この状態は、ふつうは起こり得ない状態で
いわゆる『レアケース』です。

ちょっと突っ込んで話をすると
表示している街の画面のActivityをfinishして
コンティニュー画面に遷移した状態で、ゲームをスタートすると起こります。

……が、そんなことは普通は起こり得ないはずだったんですが
どうやら発生したようです。
(自分の端末では再現しませんでした)

このあたり、Androidの怖いところというか
要因は端末なのかAndroidバージョンなのか、わかりませんが
画面遷移が想定外の動きをするようで
なかなか、Android開発は奥が深いです。


で、こういう想定外のケースは発生した場合も考慮して作るってのが
すごく大事だなあと痛感しています。

『もし、仮に想定外ケースが発生した場合でも正しく動作する』っていうのが
『品質が良い』といえるんではないかと。


奥が深いなあ……、ということを
言いたかっただけのブログでした。



さきほどVersion40.0をリリースしました。
アプリリリースしてから今日で10回目のアップデートです。
アップデート通知はこれから送りますが

こんなに頻繁にアップデート通知のくるアプリなんて
俺ならアンインストールしてしまう気がする……。

あと、修正するために
セーブデータをすべて削除したりしたので
自分のつくったアプリをガチで攻略する、はまた一からやり直しなのでした。

Android開発専用の端末がほしいなあ……。




『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】よし、ローグつくるぞ。

イメージ
こんにちは。
sadakです。

次回作はローグをつくります。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.android.ytmtsoft.game.rogue&hl=ja

理由は、上記のRogue for Androidをインストールしても
最新の機種ではプレイできないからです。

なるべく余分な機能を排したシンプルなローグを作ります。























上記は適当につくってみました。
実際につくるローグは、初期ローグのようにアスキー文字でやろうと思ってます。
こんなかんじです。










当分はRebuildingSagaの不具合やバランス調整作業が
続きますが、落ち着いたら開発に着手しようかと思っています。




『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】自分のつくったアプリをガチで攻略する~その5~

イメージ
こんにちは。
sadakです。

さて、タウの章をクリアしました。
タウの章は、術士が少ないため
こいつらに苦戦します。



















精霊系モンスターです。
体力が高いため、通常攻撃ではダメージを与えにくいのに
HPが自動で回復します。

対策としては
1.戦闘回数50回まで粘って、お店で強力な武器を買う。
2.コイデの古地術を使う(回復の術がでることがあるため、安定感なし)
3.コイデの斧技で、体力ダウン&防御無視を狙う(これも安定感なし)
4.タウを後列にして地術を使う(50%で風刃が発動)

くらいですかね。。
ヤキが仲間になれば、ぐっと楽になるはず。
ヤキを後衛に据えて、投擲技もかなり有効です。

古代遺跡に挑むあたりになると
古代遺物の剣が手に入るので
あまり苦戦しなくなります。

このタウの章は、一番最初に作ったので
色々と思い入れがあります。

戦闘アニメーションでダメージの文字が出たときは
興奮しましたねえ。
去年の夏くらいでしたが。


















レナは最初、悪魔の子供の設定だったので
髪型が角みたいになっていますが
結局、設定をボツにしたので
いつも寝ぐせのついている女の子みたいになってしましました。


さて。
次はフロル編をやります。


現在、一部の端末で広告表示ができない不具合があるんですが
なかなか再現しません。(エミュレータじゃ難しいのだろうか……)
最悪、広告のライブラリを提供してくれている会社に
問い合わせをしようか、なんて思っています。



『放課後アプリ部』という
個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。
『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や
使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますので
よかったら見てみてください。


【Android開発】アプリサイト『Appliv』に、『RebuildingSaga』のレビューが掲載されました!

イメージ
こんにちは。
sadakです。


リリース中のAndroidアプリRebuildingSaga
アプリサイト『Appliv』に掲載されました!!


















カジュアルRPG というジャンルに
RebuildingSagaは位置づけられているようです!

いつかトップページのランキングに入ることが
できたら良いなあ。



★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ 『放課後アプリ部』という個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。 http://houkago-no.appspot.com/aff/to_home/5707034867531776『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますのでよかったら見てみてください。 ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ

【Android開発】RebuildingSagaを検索してみた。

イメージ
つくったRPGアプリ『RebuildingSaga』をGoogle検索してみた。 2chでカキコ(古い?)されていました!




















すごく嬉しいぞー!!
やっぱ、ロマサガ1ばりの システムはきつい人もいるみたい。。
鍛えても強くなった気がしない系ゲームかもしれないので やりがいをそいでしまっているのかも。。
たしかにRPGは戦いまくって 俺tsueee!!したいからなあ。
でも、戦闘回数が増えると 店で売るアイテムもパワーアップするので 中盤までなら俺tsueee!できるはず!!

敵がマジで鬼畜になるのは 戦闘回数500回を越えたあたりから。。
でも、鬼畜っていっても スーファミ版ロマサガをクリアした人なら 『これが鬼畜かよ?』 って、レベルのはずです!!
火の鳥や、流星剣で全滅させられ 圧倒的理不尽感に やっつけられるようなことは たぶん無いはず! (装備やキャラクターの組み合わせ次第では瞬殺されるかもしれないけど。。。)



よし。


突然の思いつきで 謎の『自分のアプリ縛りプレイ』を やってみようと思います!
広告屋で、広告を見ると 金とかもらえるシステムにしているけど 広告を見ずにクリア出来るか ためしてみよう!!



★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ 『放課後アプリ部』という個人のアプリ開発者サイトに『RebuldingSaga』を登録しています。 http://houkago-no.appspot.com/aff/to_home/5707034867531776『放課後アプリ部』では、実際に開発かかった期間や使用している開発言語、開発の思いなどを寄稿していますのでよかったら見てみてください。 ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ★ミ

【Android開発】自分のつくったアプリをガチで攻略する~その4~

イメージ
お疲れ様です。
sadakです。

ちょっとショッキングなことが起きたのですが
とりあえず、前回の続きを書いています。


ネタバレを含んでいますので
RebuildingSagaをプレイ中の方は
以下の記事を読まないことをお勧めします。







とうとうすべてのイベントをクリアし
ついに古代リビング帝都を攻略します。




















古代リビング帝都に待ち構えるのは
あの騎士です。





















家族のために帝国を裏切り……。





というところで、騎士イセと戦い
レアアイテムを2つ手に入れました。

……というところまで進み
あとはラスボスだけだ! とおもっていたのですが。

今日の開発で
誤って全セーブデータをクリアしてしまい
ここまで鍛えたパーティが消えてしまいました……。

あああ……キツイよ。




しかし気を取り直して、開発作業を行い
ちょっとデグレードも修正して
なんとかVersion38.0をさきほどリリースしました。

たびたびのアップデートとなり
大変申し訳ございませんが
最新版へのアップデートをお願い致します。


ところで、最近
GooglePlayにたくさんの意見が寄せられています。

「面白い!」

というユーザ様もいれば

「~~だから不愉快だ!」
「~~という理由でアンインストールした!」

というユーザ様もいます。




いきなり私事になりますが
実は去年まで趣味で自主映画を撮影していました。

自主映画を制作したあとは
コンテストに応募したり
上映会イベントに参加したり
自腹を切って上映を主催したりと

映画に対する意見を聞きたたくて
まぁ、いろいろやりました。

「映画で儲ける!」 なんて邪な思いはなく
「俺たちのつくった映画を見た人の感想が聞きたい!」という
気持ちが強かったんですね。

しかし、「人から意見をもらう」というのは、なかなか難しいもので
コンテストには入賞しないと審査員のコメントももらえず
上映会イベントに参加したものの、来てくれたのは演じてくれたキャストと身内のみ
自腹を切って上映会イベントが、一番、意見をくれるんですが
これには準備から上映までに数万円かかりました。




そういう意味においては
Androidアプリっていうのは
素晴らしいな!
と思っています。

コメントもらうのに
数万円かける必要がないっていうのが大きいですが
かなりのユーザ様からコメントをいただけているので
とても参考になります…