【閑話休題】仕事しながら、なにかをできる時間の算出

こんばんは。
sadakです。

たとえば、仕事をしながら
Androidアプリ制作をする。ほかのことでもいいんですが。


世のサラリーマンの『空き時間』を考えると
通勤電車の数十分
お昼休みの数十分
帰宅後から寝るまでの数時間
休日の土、日

ということになります。

自分のケースを考えてみると
通勤片道30分×2
昼休み、ご飯を食べた後の30分
帰宅後、寝るまでの1~2時間
土日の2日間。出来て3~4時間程度

と考えると、一週間では……

通勤は1時間×5の5時間
昼休みは30分×5の2時間30分
帰宅後、1時間やるとして5時間
土日の2日で、低く見積もって6時間

合計18時間30分

2人日と、ちょっと、ってトコですね。

これを一月だと8~9人日。
これを一年だと96人日~。

隙間時間を足しあわせると
20人日×4ヶ月くらい?
低く見積もって、3ヶ月間、会社で働くくらいの工数を捻出できる。
子供がいる人はもっと少ないかもしれないけど
1~2ヶ月くらいの工数捻出はできそうですね。

アプリ開発はある程度のこつをつかめば
1ヶ月程度で、ある程度のモノは作れたりするから
年に1~2本位はリリース出来るかもしれませんね。

時間をどう使うのか?

それは多分、多くのサラリーマンの重要な命題になると思っている。

この前、某友人とはなしたのですが
仕事が忙しくて、なかなかやりたいこと出来ないと嘆いていたけど
隙間の時間を使ってなんか、できるんじゃないかなーと提案してみた。

計算してみたら
意外に時間を捻出できそうなので
後は、気持ちの問題なのかな、とも思います。

とはいえ、人間なので
悩む時間もあるので
純粋に4ヶ月もまとまった時間があるとは
思わない方がよいでしょうね。

こういう単純な計算はExcelで
できるんですけど

意外とあまりやってない人が多いような気がします。

Excel計算はおすすめです。
生涯年収とか、今もらってる給料で、60歳までにいくらもらえるのか?とか
そういうことを考えるのは、とても大事です。


このブログの人気の投稿

【EvaliceSaga】ちょっとプレイしてみた①

【RebuildingSaga】攻略wikiを作ってみました。

【Android開発】Admobでインタースティシャル広告を実装するときに気を付けること。